老人男性に付き添ってあるく女性

介護保健に関する基礎知識

重要な保険

社会人として生活されている方は国民健康保険に加入している状況で、社会で生活を営まれているはずです。

もしくは、自営業者として健康保険に加入しているので、もしなにかあった際は健康保険で多様な問題を解決できるようになっています。
このような健康保険のサービスと同等のサービスに介護保健があります。
介護保険というのは、加入が40歳以降で行えるようになっている保険のことです。
介護保健は、健康保険のように自動で加入されているタイプの保険ではありませんので注意してください。
つまり、人によっては入っているものと思っていたが、実は入っていなかったという人もいるのです。

その他にも、健康保険、介護保健には大きな違いがあります。
健康保険は医療などのサービスを受ける際に、健康保険証を提出するだけで医療負担が軽減できる仕組みになっています。
ですが、介護保健は個人として申請を行わないと、介護保健の医療負担を受けることができません。
医療負担が1割になるサービスでもあるので、必ず利用するようにしておいたほうが賢明です。

それと、介護保健は健康保険のように医療に関する治療であれば、大半のものに用いられるというふうにはなっていません。
介護保健の場合、あくまでも医療介護を受けている人が確認できる状況で、医療介護の費用を負担してくれる保険です。
なので、医療介護で必要となるグッズ、もしくはサービスの購入時は負担してくれない場合が多いのです。

また、介護保健は家族にかかる介護の負担を軽減する目的で利用されています。
そのため、今では在宅介護サービスなどを利用する際にも、介護保健は使えるようになっているのです。
家族と同居しながら医療サービスを受けられる制度なので、このような制度も理解して介護保健を利用されたほうが良いでしょう。

介護にかかる費用を少なくするには?

介護保健でもそうですが、介護対象者がいると毎月の医療費(負担)がどうしてもかさんでしまいます。

もし、このような状況で困っている人は医療介護を行っている施設で、介護にかかる費用を全面的にチェックしてもらうと良いです。
このようなケアマネージメントも介護施設によっては、ケアマネージャーと言われている専門家がチェックしてくれるのです。
個人でいい加減な計算をしていると、人によってはケアマネージメントを利用した場合と比較して3万円前後も損をされる方がいます。

最初は介護なんてこれほどの金額がかかるもの・・・と納得していても、それが数年以上も続くと大きな出費となりますので、早い段階で相談されていたほうが介護保険も含めた出費を低減させられるのです。
また、電話のみでもケアマネージャーとの相談は可能となっています。