足の関節

関節痛が起きる原因と対処方法について

関節痛が起きる原因

関節痛が起きる原因ですが、関節リウマチにより発生する可能性が高いとされています。

リウマチというのは、節々が痛みやすくなっているため、部分的な痛みが全体に広がっていく問題です。
寝たきりの老人などが、急に運動をするようになるとリウマチによる病気を抱えてしまいますが、体に無茶をさせている人ほど、関節痛が起きる原因を多く持っているということになります。
また、リウマチでもそうですが、急にリウマチにかかるわけではありません。
ほとんどの人は、以前から体の節々が痛むということで体を休めていたりもしますが、運動などであればハードトレーニングを行うようになり、最終的にリウマチが発生しやすくなるのです。

そのため、リウマチにかかりにくい生活をされている人は、関節痛が起きる可能性が低い人生を送っているという見方ができます。
最近では、このような生活についても注目が集まるようになってきているのですが、その生活方法とは以下のような生活のことです。

まず、夜遅くまで起きているのは体に良くありません。
関節痛が起きる原因の1つに、冷え性にかかりやすい生活を送っているとかかりやすくなるというものがあります。
冷え性はしっかりとした睡眠をとられていない人ほどかかりやすく、体調だけでなく神経痛をわずらってしまうことでも有名です。
睡眠はホルモンバランス改善のために、夜10時には睡眠を行えるようにしておきましょう。

さらに、睡眠を気持の良いものに変えるため、なるべくお風呂にも入っておいたほうが良いです。
神経は温めることで痛みが減っていきますので、5分以上の入浴を心がけるようにしましょう。
このような生活をとられていると、関節痛が起きる原因が減っていきますので、健康的な生活を送れるようになっていきます。
日々の努力で解決する問題でもあるので、寝不足、食事の回数が不安定という生活は避けましょう。

運動が関節痛を生む?

スポーツを続けていると健康寿命が延びると言われています。
ですが、関節痛が起きる原因を取り除くことに相当するわけではないので注意してください。

すでに案内しましたが、体調というのは運動のし過ぎでも悪化します。
意外と知られていないものに筋力トレーニングがありますが、筋力トレーニングはかえって神経を痛めるだけです。
神経は筋肉を痛めつけて筋肉を作る際にも痛みをためこみますので、安易に筋力トレーニングを繰り返さないよう注意したほうが良いです。
下手なトレーニングをしても、かえって体を痛めつけてしまうだけなので、可能であればウォーキングで汗を流しましょう。

ウォーキングは内臓の動きを改善してくれるため、関節痛が起きる原因を減らす効果があると期待されています。