樹木葬

自然葬のひとつである「樹木葬」について

一般のお葬式との違いは?

自然葬のひとつであるとされる「樹木葬」ですが、自然葬というのは一般のお葬式とは違い、納骨堂などへの納骨を行わない仕様のお葬式です。

お葬式の場合、故人が火葬場で骨となり骨が納骨される流れになっていますので、納骨に相応しいお墓などが用意されるものです。
しかし、自然葬のひとつである「樹木葬」では、そのお墓が不要となる仕様となっているため、金銭面の負担が小さいということも注目されています。
昔と違い、現代社会ではあまり宗教的観点からのお葬式に注目が集まらず、むしろ個性であり自由を題材としたお葬式に注目が集まっているのです。

自然葬の場合、お墓ではなくお墓になる場所に植樹を行う形で葬儀が完了します。
そのため、用意するのは納骨すべき骨、後は植樹で用いる樹だけとなるのです。
非常にシンプルな構成で済みますので、お葬式にかかる費用だけでなく時間も削減できると注目が集まっています。
このようなお葬式をされる人が増えた理由は、前述した金銭面の話が元になっているとも限りません。

最近は散骨と言われている自然葬全体が人気を集めており、一種のお葬式ブームが到来しているのです。
国内でも海洋葬、樹林葬(樹木葬)というのは知られていますが、海外では宇宙葬などを行っている家族までいます。
宇宙に対してなにかしらのアプローチを行うお葬式なのですが、散骨を宇宙に対して行う形式のものが有名です。
他にも骨を完全に溶かして装飾品を作り、そちらを飾っておくという家族までいます。

人工ダイヤモンドで知られている技術を活かすのですが、このようなお葬式を行うことにより家族といつまでも一緒にいられるという状況を大切にするわけです。
ただ、このようなお葬式は周囲の理解が無ければいけません。
家族、親族、もしくは自然葬を行う先の管理人に連絡を行い、自然葬を取り仕切る業者を伝って自然葬を行わないといけませんので、金銭面で必ず無駄が減るというわけでもありません。
また、故人がすでにお葬式の内容を決めている場合は、弁護士を通じて正確な発表が行われますので、そのような発表も参考にして、散骨を行うか決めなければいけないのです。

承継者不在が生んだお葬式

承継者不在が元になって、自然葬のひとつである「樹木葬」が誕生したという説もあります。

海外ではブームにあやかって自然葬を堪能されている人もいますが、現代の日本では子どもがいない家族も珍しくないため、樹木葬により承継者不在でも迷惑をかけない葬儀を考えている人がいるのです。
自然葬であれば自然に還るだけですし、なによりも樹木の管理は誰が行わないでもあまり問題にはなりません。
そのため、樹木葬を利用されている日本人が多いのです。