おひとりさまの葬儀って?

孤独死の場合の葬儀について

一人暮らしの方がひっそりとお亡くなりになることを孤独死と呼んでいます。
実際に一人暮らしの方の場合には現在元気であっても今後どのようなことになってしまうのかということを心配する方も多いのではないでしょうか?

更には、身内がいない場合の葬儀はどのように行われていくかも心配の種ではないでしょうか?

しかしながら、一人暮らしの方の場合にはあらかじめ生きている間に葬儀の準備を進めておくことによって、仮に孤独死になってしまったとしても葬儀を取り行うことができるようになります。

このサイトでは一人暮らしの方の葬儀の準備について紹介をしていきます。

孤独死の場合

孤独死の場合には基本的に葬式が行われないことになってしまいます。
法律で孤独死の場合の対応が決められていますので、一般的な葬式は行われることなく単に火葬が行われてしまいます。

遺族がいる場合には遺骨は遺族に変換されますので、その場合には遺骨に対して葬儀を行うことになります。

仮に遺骨の引き取り手がいない場合には、遺骨は自治体の方で管理されることになります。
もちろん、自治体の方でも永久に遺骨を管理する訳ではありません、一定の期間を過ぎると無縁仏として取り扱われるようになってしまいます。

孤独死を避ける方法

孤独死を避けるには普段から周囲の方とコミュニケーションをとっておくことが肝要です。
普段から多くの人とコミュニケーションをとっておけば、なにか異変があった時にすぐに気が付いてもらえますので、孤独死を避けることにつながっていきます。

また、訪問看護などのサービスを定期的に利用していれば、なにかあった時にすぐに異変に気が付くことが可能となりますのでお勧めです。
必ずしも看護でなくても構いません、宅配サービスなどでも構いません。

生前から葬儀の準備をしておく

孤独死を避けるのと並行して何らかのことが起きてしまっても他の人に迷惑を掛けないように普段から準備をしておくこともお勧めです。
不要なものはできるだけ少なくしておくといいでしょう。

また、遺族の方は相続のトラブルに巻き込まれることが内容にあらかじめ遺産などの分配の事を決めておくことも必要です。
場合によっては遺言書を用意することも必要になります。

どのように自分の葬儀の準備をしていけばわからないという方のために、それをサポートしてくれる事業所もありますので、利用してみてもいいでしょう。

葬式を上げるというと莫大な費用が必要になると考えている方もいるかもしれませんが、最近ではその人の予算規模に合わせて葬式を上げていくこともできますので、自分なりの人生の最後の瞬間を企画してみてもいいでしょう。