老後に始めたい趣味ナンバー1は英会話

老後の趣味としての英会話

日本は長寿大国として知られるようになってきています。
しかしながら、逆にこのような環境において年を取ることに抵抗を覚えている方も少なくありません。

なぜならば、場合によっては孤独を強いられることになるからです。
日本人は寡黙であることを美徳とする考え方を持っていますので、意外と他の人と会話をするのが得意ではないからなのです。

更には、一人で孤独にいると外界からの刺激を受けることがなくなりますので、老化をしやすくなってしまいます。
孤独でいることによってうつ病になってしまうようなことも起きてしまいます。

それを防止するためには多くの人と会話をするのはとてもお勧めです。
しかしながら、日本人は会話が苦手という面があります。
それを解消する方法として外国人と会話をするという方法が考えられます。

外国人は基本的に会話を愛する文化を持っています。
ですから、ほとんどの人が会話を積極的に行って行きます。
しかしながら、全ての外国人が日本語をしゃべれる訳ではありませんので、英語をマスターすることが求められます。

そのような理由から、最近では英会話をマスターしようとする高齢者の方が増えてきています。

英会話は簡単にマスターできるか?

英会話は非常に簡単にマスターできるものなのでしょうか?
その答えはもちろんYESです。
なぜならば、アメリカであれば子供であっても英語をしゃべることができるからです。

つまり、誰もが英会話をマスターすることができるようになると考えて間違いありません。
要は気持ちの問題で、積極的に相手と話そうという気持ちがあればいいのです。
外国人の場合には、積極的に向こうから話しかけてきますので、それに対応しているだけで、会話が成立します。

その作業を繰り返して行けば、自然に英会話をすることができる用になるのです。
外国人に対しては、日本的な考え方を捨てることが必要です。

仮に英語を上手く聞くことができないとしても、もう一度言ってくださいという感じで聞き返せば相手はもう一度ゆっくりと英語をしゃべってくれるようになるので心配ありません。

逆に外国人に対して黙ってしまう方が失礼なことになります。
積極的に少したどたどしい英語でもいいので積極的に話してみることがお勧めです。
場数を踏めば必ず英語をしゃべれるようになるはずです。

英会話教室

どうしても、いきなり外国人と英会話できないという場合には高齢者向けの英会話教室がありますので、それを利用してみてもいいでしょう。

焦ることなく、落ち着いて喋ることさえできれば誰もが外国人との英会話を楽しむことができるようになるはずです。
更には、それが高齢者の老化の予防にもつながっていくことにもなるはずです。