相続人の相談

おひとりさまの相続について

相続人の不存在

おひとりさまの場合、相続人の不存在という扱いを受けるので、かなり曖昧な状況で相続すべき遺産が放置される仕組みになっています。

もし、相続が行われないまま宙に浮いている遺産はどのような扱いを受けるのか?というと、国のお金(国庫に帰属)になるよう決まっています。
ただ、最初からおひとりさまの相続ということで遺産が扱われるわけではありません。
特別な縁故を探す、もしくは名乗ってきた相手が相続人に相応しいか確認するという作業も行われます。
人によっては、内縁の妻との関係を明らかにしないで生活されている人もいますので、おひとりさまかと思いきや、そのような生活をされていなかった時期もあるというケースが意外と多いのです。

また、このような作業は国が勝手に行ってくれるわけではありません。
遺産を管理するのは、管理を任されている弁護士が行いますので、可能であれば早い段階でおひとりさまの相続について相談を行っておきましょう。
人によっては、遺産がかなり微妙な金額のため、むしろボランティアなどに寄付したほうが良いケースもあります。
このような場合、寄付するのに最適なボランティアのアドバイスも受けられますので、あまりお一人で決めてしまわないほうが賢明です。

それと、自身の家族、一族の構成も知っておいたほうが良いです。
相続人が見つかった場合、それらの人にお金が分配される仕組みになっていますが、遺産の分配は本人の指示により、どのような分配にするのか決められるようになっているからです。
すでに多くの遺産を分け与えたい人がいる。
だけど、そのことについて弁護士と相談されていない場合、法律の力が発生しないためお金の分配が均等となってしまうのです。
もし、それほど大きな遺産ではなかった場合でも、せめて書き置きを残しておく形で遺産が速やかに分配できる状況にしておきましょう。

このような紙1枚で済む問題を放置されていたため、後になって家族や一族がもめてしまうというケースは珍しくありませんので、このことは特に注意しておいたほうが良いでしょう。

負の遺産を減らす

遺産には負の遺産もあります。
例えば、500万円程度の借金であっても余裕をもって返済できるという人はいるでしょう。

しかし、そのような負の遺産を精算されずにいると、子世代に多大な迷惑をかけてしまうこともあります。
親と同じように多くの収入を得ていないのであれば、どのようにして対処すれば良いか分からないからです。
返済そのものが面倒・・・と感じる借金については、負の遺産と認識して速やかに返済しておいたほうが良いです。
もしくは、死亡後に発生する保険金などで全額返済できる用意をしておきましょう。